クラス・施設紹介

クラス紹介

年少クラス

はじめて体験する集団生活。
保護者の愛情を感じながら、安心して自分らしさを発揮していきます。
友達と一緒の生活を楽しみ(いろいろな人がいることを知り)自分のペースで世界を広げます。
→ 「ぼくが」「わたしが」「こうしたい」一人一人のおもいを大切にしていきます。

年中クラス

遊びがより楽しくなるよう工夫したり、創造したり、試行錯誤しながら、自分の思いを実現させていきます。
友達といる楽しさや喜びを感じ、つながりを深め、様々な経験を通して人との関わりを学びます。
→ いろいろな感情も芽生える時期。しっかりと受けとめていきます。

年長クラス

これまでの経験をもとに自分の力を発揮させ、主体的に園生活を楽しんでいきます。自分で考え行うことや、仲間と協力して生活や遊びなどを作り出し、やり遂げることの喜びや達成感を味わいます。
→ 自分で考え行動することや、子ども同士で育みあうものを大切にしていきます。

園舎の紹介

本園は、昭和24年に設立された大谷学園を母体とし、昭和31年、みどり濃い県立篠原園地近くの丘の上に開園いたしました。
平成17年には同じ丘の上に、整った設備と安全性を兼ね備えた新園舎を新築・移転いたしました。
新園舎は、B1(地下ではなく、公道と同じ高さです)には正門、園バスのガレージ、1階には職員室と保育室(年少・年中クラス)、園庭、ピロティなどがあります。
2階には保育室(年中・年長クラス)、図書室、遊戯室などがあり、全室空調設備が整っています。
また防犯カメラの設置や民間の警備会社との連携によりセキュリティにも十分な配慮がなされています。

園舎の特徴

お子さんがのびのび楽しく過ごせる園舎。
セキュリティも万全で安心できる環境です。

●園には部外者は、入れないようになっています。
●オートロックなので、園児も外に自由に出られないシステムです。

大ホールは360人を収容できる多目的ホールです。
 

a>