コロナウイルス感染症・熱中症対策の取り組み

2020.06.10の投稿



6月1日より分散登園で幼稚園を再開しています。

幼稚園で行っているコロナウイルス感染対策や熱中症予防の一部をご紹介します。

・登園前

各ご家庭での検温・体調管理表の記入をお願いしています。

 

・登降園時、バス乗車時 手の消毒

 

・登降園時の間隔の確保

バスではマークの付いた座席

徒歩迎え時は足元の印

 

・手洗い

恐竜の足跡のところに並んで順番に

密になりすぎないよう間隔を確保し手洗い

ペーパータオル使用の手拭き

 

・集まりは屋外や風通しの良い広い場所で

 

・お部屋もドアや窓を開け常時換気

 

・紙コップでのこまめな水分補給(使用毎 取替)

 

・天候によって日除けを設置

 

・遊具は毎回消毒

 

職員は園児への感染防止のためマスクを着用しています。

熱中症対策・衛生面の観点から、園児はマスクを着用していません。

(厚生労働省・文部科学省も園児のマスク着用を求めていません)

 

 

引き続き感染対策を徹底し保育をしていきます。

(状況に応じ対策を変更していきます。)